インデックス投資

QQQとiFreeNEXT NASDAQ100のコスト比較【投資信託vs米国ETF】

・米国株情報の収集はモトリーフールの無料メルマガがオススメです!
 外国株式の一次情報を、日本語でわかりやすく教えてくれています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
https://www.tcs-asp.net/alink?AC=C106840&LC=TMF1&SQ=1&isq=100

こんにちはかおるです。アメリカの株価指数ナスダック100に連動する商品には、米国ETFのQQQと、投資信託のiFreeNEXT NASDAQ100があります。ベンチマークが同じなので値動きは同じになるはずですけど、コスト的にはどちらがお得になるんでしょうか。今回は少し細かい話になりますけど、比較するのが難しい、投資信託とETFのコストを計算していきます。

結論は投資金額などの条件によって異なるのですが、どちらもそこまでコスト的に圧倒的優位性があるとは感じませんでした。ただ投資のしやすさという観点で見れば、明らかに投資信託の方が優れているので、総合的にはiFreeNEXT NASDAQ100で良い気がします。(もちろんリアルタイム取引したい場合とか、指値で注文したい場合とかはETFになります)

【動画の目次】
QQQのコストについて 1:02
iFreeのコストについて 7:38
パターン別コスト比較 10:56
コスト以外の話 19:37
結論 20:55

【関連動画】
S&P500の買い方【ETFか投資信託か・SBIか楽天か・積立か一括か】


【QQQ】S&P500を超える最強のインデックス投資ナスダック100【iFree】

長期インデックス投資が最強である5つの理由【つまらない投資だから】

【twitter】

【ブログ】
https://money-topics.com/

—————————
#節約マスク
#かおる

あなたにおすすめの記事