インデックス投資

【超定番】『ウォール街のランダム・ウォーカー』を解説|インデックス投資のバイブル

『ウォール街のランダム・ウォーカー』<原著第12版>(amazonリンク)
https://amzn.to/3oHPwoX

株式投資の書籍の中では、定番中の定番と言っていい本で、1973年の初版以降、50年近くにわたって読まれ続けているロングセラーになっています。

改版をおこなうごとに、時代にあわせて、新しいトピックを書き加えたり、最新のデータを元にあらためて内容の検証をし直していることが特徴で、現在の最新版である第12版は、2019年7月に発売されたものです。

この本が主張するポイントは、次の2つです。

・株価分析にはほとんど意味がない
・指数連動型のインデックスファンドをドルコスト平均法で20年以上毎月積み立てるのがベスト

動画の中で、それぞれの内容を詳しく説明しています。

▼リンク
定額読み放題 Kindle Unlimited 無料体験
https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup?tag=aeaea07-22

本を聞く👂Audible 無料体験
https://www.amazon.co.jp/b/ref=adbl_JP_as_0068?ie=UTF8&node=5816607051&tag=aeaea07-22

#インデックス投資
#バートンマルキール
#ドルコスト平均法

あなたにおすすめの記事