インデックス投資

ナスダック100に連動する投資信託を比較【eMAXIS ifree NZAM 日興】

・米国株情報の収集はモトリーフールの無料メルマガがオススメです!
 外国株式の一次情報を、日本語でわかりやすく教えてくれています( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
https://www.tcs-asp.net/alink?AC=C106840&LC=TMF1&SQ=1&isq=100

これまでナスダック100に連動する投資信託は「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」と「NZAM・ベータNASDAQ100」と「日興インデックスファンドNASDAQ100」の3本がありました。そして2021年1月、ついに、低コストインデックスファンドに定評がある三菱UFJ国際投信が「eMAXIS NASDAQ100」という商品を投入してきました。今回はナスダック100に連動する4本の投資信託を比較していきます。

【結論】
結論としては信託報酬の差が小さすぎることと、純資産額の差が大きいことと、過去の実際のリターンを考慮して、私はとりあえずしばらくは今まで通りifreeに投資をしていきます。
※今回の動画は三菱UFJ国際投信への煽りを若干含んでいます。

【関連動画】
【QQQ】S&P500を超える最強のインデックス投資ナスダック100【iFree】


QQQとiFreeNEXT NASDAQ100のコスト比較【投資信託vs米国ETF】

ETFとは何か?投資信託との違い、メリット・デメリットを比較します

【投資の始め方動画まとめ】
【投資信託の始め方】口座開設から積立設定まで具体的に解説


投資信託とは何か?知識ゼロの初心者向けにイチから解説します!

【最新版】楽天証券の口座開設手順を画像つきでわかりやすく解説【投資の始め方】

【楽天証券で積立投資】絶対にするべき4つの設定を画像つきで紹介【つみたてNISA】

【twitter】

【ブログ】
https://money-topics.com/

—————————
#節約マスク
#かおる

あなたにおすすめの記事