不動産投資

2021.5.19【天国と地獄】●●●で決まる不動産の価値。不動産投資・政治・経済・金融・マンション・仮想通貨・日経平均・資産バブル・バブル崩壊

※無料の「本編」では話せない、不動産はもちろん、世の中の仕組み、歴史の真実、政治・経済・金融の裏側など、メンバーシップ専用の「限定公開動画」発信しています。登録後すぐに過去動画を全てご覧になれます。 
https://www.youtube.com/channel/UCOcQ68ppAk_ezdSNKzlP81Q/join

※メンバーシップ登録はこちら 
https://www.youtube.com/channel/UCOcQ68ppAk_ezdSNKzlP81Q/join

※動画中のニュースソースはTwitterをフォロー https://twitter.com/nagashimaosamu

※不動産売買の「らくだ不動産」 https://www.consulno1.com/
※YouTubeチャンネル「不動産売買らくだPlus」 https://bit.ly/2Ay3iH6

※不動産コンサル・ホームインスペクション・マンション管理コンサルの「さくら事務所」 http://sakurajimusyo.com

※LINEチャットグループ「036&37ちゃんねる」(有志による運営)https://line.me/ti/g2/G4rzna9bW8MrU_YzRqEXmw

※FBグループ「036&37チャンネル」
https://www.facebook.com/groups/296771771333983/

●ガザのメディアタワーを破壊した武器はアメリカ製、バイデンも売却承認「我々はイスラエルとの間に、進行中かつ持続的な戦略的安全保障関係およびパートナーシップがある」
●五輪「中止や延期不可」の謎。ネックは選手村マンション転売問題か? 武藤事務局長が再三にわたって言及しているのが、選手村の転売問題です。今回の選手村は、五輪開催後には物件をマンションとして転売することとなっており、既に売れてしまっているのだそうです。そこで、2020年から21年に延期するにあたっては、購入者に入居を遅らせてもらっている、これを更に延長するのは難しいというのです。
●フェイクを信じ、正しい情報に耳を塞ぐ 陰謀論者の思考とは「すべての大事件は秘密裏に計画され、実行され、隠蔽(いんぺい)されている」
「Qアノン」と呼ばれる陰謀論者たちの多くは主にこう信じていた。
※連邦政府の中にエリートによる影の国家(ディープステート)が存在し、共謀して政治を支配している。影の国家を倒すことができるのはトランプ氏だけで、トランプ氏と軍がいつか彼らを逮捕する。
※悪魔を崇拝する民主党の政治家やハリウッドのセレブらが子どもの人身売買ネットワークに関与している。
※大統領選の投票集計機がトランプ票をバイデン票に書き換える選挙不正が起きた。不正がなければ、トランプが勝利していた。

米国は相当深い病に侵されている、と思って帰国したら、日本でもトランプ氏の敗北を認めないトランプ支持者がデモしていた。「アメリカ大統領選の決着はまだついていない」「これは善と悪との戦いだ!」などのプラカードを持っている。彼らはジャパニーズなので、QアノンをもじってJアノンと呼ばれるらしい。
●「東京都は緊急事態ではない」 グローバルダイニング、東京都の休業命令に従わないと発表 東京都は政府が作成した緊急事態宣言の指標には達しておらず「緊急事態下ではない」と説明。「予防的措置の状態で出た私権制限は許されません」
●田中容疑者の次男逮捕 次男雅人容疑者(28)も逮捕
●選挙買収事件 広島県議会政倫審が議員13人聴取 辞職表明なし 全員が受領を認めて経緯を説明したが、辞職を表明した議員はいなかった。予定時間が大幅に短縮されたこともあり、審査の形骸化を指摘する県民もいた。
●「侮辱だ」広島から批判噴出 二階氏「関係ない」発言に 県連関係者からも「ふざけたウソだ」「選対委員長だけで決められるわけない」など批判が噴出した。
●岸田氏、二階幹事長らに苦言 1.5億円使途説明を 「送金に誰が関与したかではなく、金が何に使われたかだ」
●50歳手前で「早期退職」に踏み切れた3つの理由 人生後半もうひと仕事できる人の思考・行動法
●JAXAと鹿島建設、遠隔施工実験を実施 月面基地建設を想定 1000キロ離れた場所からでも、操作性や安定性を損なうことなく遠隔操作が可能であるほか、自動運転時も建設機械によってスムーズな施工を行えることを確認
●元米当局者「UFO実在」 国防総省、報告書提出へ「焦点は一体何者でどういう意図があり、どんな能力を持っているかだ」
●醍醐寺(真言宗醍醐派総本山・京都市伏見区)は、京都市内の人工衛星開発企業と協力して宇宙に寺院を開くための実行委員会を発足した、と発表した。2023年に打ち上げ予定の人工衛星に寺の機能を持たせることを目指す。
●50歳手前で「早期退職」に踏み切れた3つの理由 人生後半もうひと仕事できる人の思考・行動法

#不動産投資 #資産バブル #バブル崩壊

あなたにおすすめの記事