お金の教育

金融用語解説【IPO】1分くらいでわかる

1分くらいでわかる解説動画です。

「Initial Public Offering」の略で、企業が自社の株式を証券取引所に上場し、一般投資家が売買できるようにすること。

日本語では「株式公開」といいます。これにより、一般の投資家も株式の売買が可能になります。企業にとっては株式公開をすることで、広く資金調達が可能になり、知名度や信用度のアップが図れ、優秀な人材確保ができるようになります。

一方で、業績などについて投資家に説明責任を負うことになり、場合によっては法的責任も負うことになります。こうしたメリットやデメリットはあるものの、企業にとって株式公開はひとつの目標となっています。

■チャンネル登録はこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UC8BKYZZnuHCgP8pPLh5YR7w?sub_confirmation=1

■公式サイト
https://my-school.via-corp.jp/

#経済
#お金の教育
#金融教育

あなたにおすすめの記事