不動産投資

【木造新築アパートも投資対象になるのか】不動産投資・収益物件

【YouTubeコメント欄2020,11,18のご質問】
ぜんさんこんにちは。いつも有益な情報をありがとうございます。
汎用性に関連する質問をさせて下さい。
最近融資が長く引けることを売り文句に劣化等級2や劣化等級3の新築木造アパートの情報をよく見ます。
ぜんさんの物件購入目線の構造はRCだと思いますが、利回りがよくROI25%を確保できるなどの条件が揃えば、このような劣化等級2や劣化等級3の新築木造アパートも購入対象になるのでしょうか?
また、このような新築アパートを安く仕上げるために、旗竿地に建てられている場合も多いように感じます。
このような旗竿地の賃貸物件について、ぜんさんのお考えを聞かせていただけますと助かります。
宜しくお願い致します。

【今月買った木造新築アパート(劣化等級3)のtweetリンク】

【ROI】
ROI=(年間賃料収入 – 融資返済額 – 経費)÷ 当初自己資金×100

【プロフィール】
金融機関で10年間融資業務に携わっておりました。
大手不動産会社で投資用不動産の売買仲介営業をしておりました。
現在は大家業と投資用不動産専門の買取業者を営んでおります。
得意技は、資金調達、財務、不動産売買です。

アセット株式会社 ぜん ゆうすけ
Twitter https://twitter.com/assetzen

【不動産業者様へ収益物件買取希望です】
URL「お問い合わせ」より収益物件情報を送信頂けると幸いです。

http://www.asset1.co.jp

※弊社の買取目線は以下の通りです。
・1棟レジ(ALLレジ)
・1億円〜10億円
・RC
・東京駅 or 大阪駅から30km圏内(できれば25km圏内)
・駅徒歩10分以内
・新耐震基準
・グロス利回り9%以上(築年数、場所により変動)
・入居率が高い物件
・あまり加工しなくてもいい物件

上記の通りですが、利回り15%以上なら
違法物件でも鉄骨でも木造でも旧耐震でも金額小さくても区分でも購入検討します。

【関連動画】
































































































































https://youtu.be/fDhG_QnT8h4

あなたにおすすめの記事